川崎フロンターレサポーターが環境問題について考えるブログ
by 5326530
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
11/29ヴィッセル神戸戦活動報告
お疲れ様です、中山です。

今日も気持ちがいい快勝でまだ優勝が狙える位置で次節に望めます!
ただこんな言い方は嫌ですが他力本願になってしまいます・・・そんな状況を打破するにはいつもと同じ心構え・サポートではいけません。
チーム・サポーターが持てる力全てを出し切る??いやいや、未だ到達したことの無い領域に足を踏み入れなければいけないと思います。
出したことの無い位大きな声を出す!跳んだことの無いところまで跳ねてみせる!
もう自分が自分で無くなるような気持ちで試合に望みましょう。

我々のサポートで奇跡を起こすのです!!

では清掃活動の報告に入ります。
まずは今日の「等々力大掃除」ご参加頂いた皆様本当にお疲れ様でした。

スタンド回っていて率直に感じたのはただただゴミが減ったなとそう思います。
このことこそが非常に大事なんだと思います。

我々の目標は「ゴミの無いエコでクリーンなスタジアム」ですので、その場に置いてけぼりになっていたゴミがちゃんとゴミ箱に入っているだけでもやってきた意味があったと感じることが出来ます。
そして、前節ガンバ大阪戦より始めました「エコキャップ運動」ですが好評で沢山のキャップを回収をすることが出来ました。ガンバ戦ではキャップが付いたまま捨てられそうになったペットボトルが沢山ありましたが、今日はそれがほとんど無くキレイに分別していただきました。
果たして我々の力で何人分のワクチンが贈れるのでしょうか??楽しみです。

f0194331_23292192.jpg


良い話にはなってきてはいますがこのまま活動を停滞させるのではなく、もっと積極的に環境問題に関することでサポーターが出来ることを模索・実行したいです。

引き続き皆さんも「こんなものがありますよ」・「これをやりたいのですが・・・」等意見があったら自分宛てにメール下さい。
それを受けてこのブログを中心として皆さんと協議したいなと考えています。
まずは簡単なことでも挨拶でも結構ですのでメールお待ちしています。

話は戻りますが、この活動を発展させるのには理由があります。少し長くなりますがお付き合い下さい。

自分は川崎華族という応援団に所属している為、日頃から応援がより良いものになるように考えています。そのなかで、サポーターの拡大を自分の中での絶対命題に掲げることにしました。いろいろな方法があるとは思いますが、まず思い浮かんだのが地元・川崎に何かで還元することで知名度を向上させようとすることです。よって、もう後回しにできない課題となってる環境問題についてサポーターを中心とし活動を行い地元に還元しようと決意した次第です。

小杉を例に取ると、駅周辺は再開発も続きどんどんマンションが建っています。その中で新入居者に対して何らかのアプローチを仕掛けたいのです。日頃から、サポーターが地元に還元性のある活動を行えればいつかは見てくれると思います。それで「川崎にフロンターレ在り」という絶対的印象を残すのです。

些細な事でも動かないよりは幾分ましだと最近は良く感じます。
偉そうに長々書いてますが、まだまだ我々の力なんて大した物ではないです。これからです、本当の力にするのはこれからです。

この日記を読んで下さったならば、身近なところでフロンターレの存在がどのくらいなのかを考え、もっと印象を強めるためにどうすればいいか考えてみませんか?

最後になりましたが、これからもこのブログを、我々共の活動を宜しくお願いします。

以上長文お付き合い頂きありがとうございました。そしてほんとに今日はお疲れ様でした!
[PR]
by 5326530 | 2008-11-29 23:29 | 清掃活動
<< 大学の設計課題 等々力大掃除 >>