川崎フロンターレサポーターが環境問題について考えるブログ
by 5326530
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
明日に向け
明日はついに決戦の地、長崎に旅立ちます。

ここで明日に備え、我々でもできるスタジアムの分別ルールを勉強しましょう。

訪れた先でフロンターレサポーターが分別のできないサポーターだと思われないために頑張りましょう。

試合会場となる長崎県立総合運動公園陸上競技場は長崎県の諫早市に所在しているため、諫早市のルールに従います。

f0194331_2382182.gif

諫早市ゴミ減量キャラクター「エコ太」

分別区分
①燃やすゴミ・・・県内の焼却施設で処理できるものが対象で、プラスチックも含む。枝も量が少なければ小さく折ることで捨てる事が可能。
②カン・・・アルミ・スチールが対象。当然中身の無い状態で、もしスプレーの缶であれば必ず穴をあけてください
③ビン・・・板ガラス、コップ、化粧びんは絶対入れないでください。ビンのふた等は取り除くこと
④金属・有害ごみ・・・カンではない金属を指します。とても重くなるので、1袋の重さは10kg以下と設定されています。
⑤瓦・陶磁器・・・おとなりの佐賀は焼き物で有名ですが、スタジアムみたいな危険地帯にそんな高価なものは持ってきてはいけません。
⑥束ねるごみ・・・剪定した大量の枝など一度束ねなければならないものを示します。
⑦粗大ごみ・・・アウェイの地にわざわざそんなもの持って行きません。

以上を守り、ゴミのないクリーンなスタジアムを皆さんで作りましょう!

また、ご自分の近くに落ちてるゴミを見つけたら積極的に捨てよう!

それでは明日会いましょう。
[PR]
by 5326530 | 2008-11-14 23:16 | フロンターレ
<< 嬉しいニュース 長崎のリサイクル >>